ゼクシィ恋結びと『ゼクシィ縁結び』の違い5選。どっちが良い?

 

「ゼクシィ恋結び」「ゼクシィ縁結び」の違いをまとめてみました。

 

似た名前のサービスで、どちらを使おうか迷っている方も多いのではないでしょうか?

実際、私も使ってみたところ、両者には大きな違いが5つあることがわかりました。

 

ゼクシィ恋結びはFB恋活アプリ ゼクシィ縁結びは婚活サイト

%e3%82%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%a3%e6%81%8b%e7%b5%90%e3%81%b3

 

やはり一番の違いは、

・ゼクシィ恋結び⇒『活アプリ』

・ゼクシィ縁結び⇒『活サイト』

と言えそうです。

 

年齢層や会員数を比べてみても、大きく違いますからね。

 

恋結び 縁結び
20代 メイン年齢層 20代後半~30代前半
7万4703人 女性会員数 1万6230人

 

「恋結び」は20代の方が会員の70%以上で、若い方の恋活の場として人気を集めています。

 

一方で「縁結び」は、20代後半~30代前半の方で会員の50%以上ですから、

将来を見据えたお付き合いを考えている方がメインです。

 

こうした年齢層の違いもありますので、

・恋活したい方には、『恋結び』

・婚活には、『縁結び』

といった使い分けがされているようですね。

 

一方で、同じ会社のサービスですが、

5倍ほど人数差が出ている背景には、どうやら女性の料金の違いがあるようです。

 

ゼクシィ恋結びとゼクシィ縁結びの料金の違い

 

恋活アプリは基本的に、

・男性が有料で、

・女性は無料

の場合が多くて、『ゼクシィ恋結び』も女性は無料で使えます。

 

一方でゼクシィ縁結びでは、女性も有料なので、

無料で使いたい女の子が恋結びの方に流れて、人数差ができたようです。

 

ただこう見ると、

「恋結びのほうが無料だからいいんじゃない?」

と思った方もいたかもしれません。

 

ですが有料な分、縁結びには2つの手厚いサービスがあるんですよね。

 

ゼクシィ縁結びの特徴1 年収証明

 

ゼクシィ縁結びでは、『年収証明』を男性側がすることができます。

 

実際、婚活では年収を重視される女性も多いはずですからね。

 

ですが、ほとんどの恋活アプリでは、

年収は男性の自己申告なので、盛っている方が多いんですよね。

 

一方ゼクシィ縁結びでは、書類を提出すれば、

ゼクシィのスタッフが、第三者として年収を証明してくれるんです。

 

こうすると、男性は年収を盛れないので、

女性からすると、信頼できる年収情報が得られるというメリットがあります。

 

実際『ゼクシィ縁結び』では、5割の男性がリアルな年収を公開しているので、

収入重視な方には、ありがたい環境が整っています。

 

ゼクシィ縁結びの特徴2 コンシェルジュサポート

 

また、ゼクシィ縁結びでは年収証明だけではなく、

業界初のコンシェルジュサポート体制をとっています。

 

 

ゼクシィ縁結びのコンシェルジュは、マッチングが成立した時点で、

2人の間を仲介して、デートの日程や場所の調整をしてくれるそうです。

 

デートの日程を決める時は、

お相手に個人情報(LINE等)を教えなければいけないので、トラブルが起きやすいですからね。

 

ですが、ゼクシィではコンシェルジュが仲介してくれるおかげで、

プライバシーが守られながら、安全にお会いできるようです。

 

こういった痒いところまで手が届いているので、

・安全に

・信頼できるお相手

を探している方には、『ゼクシィ縁結び』のほうが良さそうです。

 

ゼクシィ恋結びの特徴 友達にバレる心配が少ない

 

一方ゼクシィ恋結びのほうが、友達にバレる心配が少ないというメリットもあります。

 

恋結びでは、Facebookの友達を非表示にしてくれる機能がありますからね。

もちろん、縁結びにも「非表示」機能はあるのですが、手動でやらないといけない煩わしさがあります。

 

なので、知り合いに内緒で恋活したい方には、『ゼクシィ恋結び』のほうが良さそうです。

 

まとめ

 

今回は『恋結び』と『縁結び』の違いを5つ見てきました。

 

どちらも一長一短ですが、

・恋活⇒ゼクシィ恋結び

・婚活⇒ゼクシィ縁結び

というところが1番の違いだと思いますので、ご自身に合うサービスをお試ししてみてくださいね。

 

関連記事

⇒ゼクシィ恋結びの口コミを見てみる

 

⇒ゼクシィ縁結びの口コミを見てみる

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ