初デートはおごったほうがいい?リアルなデート費用について!

 

恋活パーティーやFacebook恋活アプリで知り合った女性との初デート。

 

美人34

(↑写真:©Kyudotsg ( BE Chua ) (改変 gatag.net))

 

初めてのデートということで、どこに行こうか悩んでしまう、という人も多いのではないでしょうか。

実は私もその一人で毎回どこに行こうか悩みます。

 

大体自分が一番行ったことがあるベタなお台場にしてしまうんですけどね笑

 

ただ、どんなデートをしたとしても訪れる瞬間がありますよね。

 

それがお会計です。

 

お会計2

 

初デートのお会計ってすごく難しいんですよね。

 

お互い遠慮していますし、

最初のデートでのお会計の仕方がこれからのスタンダードになっていくわけですし。

 

というわけで、

お会計の際、彼女を作るうえでどうしたらいいのか?

ということを私の体験談を交えてお話していきたいと思います。

 

初デートのお会計はどうすればいい?

 

基本的に恋活パーティーや恋活アプリで知り合った女性との初デートの場合、

よほどのイケメンでない限り、男性から誘っている状況しか考えられません。

 

もちろん私はイケメンではなく、フツメンなので100%私から誘っています。

 

なので、

当然女性側も

「誘ったんだからそれなりに払ってくれるわよね」

と、心の奥底では期待して初デートにくる状況が多いです。

 

美人25

(↑写真:©Jack Wu’s Photos 呉泊峻)

 

ですので、

私はレストランの食事代や映画代、遊園地代など相手の分まで全額払っています。

 

私から誘っておいて割り勘にしたら、ほとんどの女性は

「何この人・・・、自分から誘っておいて割り勘?」

と思うのは間違いないところです。

 

正直に言うと、

初デートでは最低1万5千円は払っていると思います。

 

この金額が高いか低いかは人によりますが、

私はお金のなかった学生の頃から最低これくらいの額は1回のデートで使っています。

 

もちろん、気持ちとしては全額払うのは痛いですが、

全力を出し切らずに2回目のデートに繋がらなかったらもっと後悔する

と考えているので全額払うのは安いと考えています。

 

なので、

私は自分の出来うる最高のパフォーマンスを初デートで発揮するためにも、全額支払うようにしています。

 

ドヤ顔1

 

このおかげか、

ほとんど1回目のデートで切られるということはなく、2回目のデートにつなげることに成功しています。

 

それに基本的に女性は、おごられると何か返したくなる気持ちになるんですね。

 

これは心理学だと「返報性の原理」と言いますが、

人は何かを与えられると、返さなければいけないという気持ちになるということがわかっています。

 

その心理をうまく利用するといったら腹黒いですが、

彼女を作るために、使える心理テクニックは利用したほうが楽に進むので、

先行投資の感覚でも私は払っています。

 

もちろん、

これは全額払わなくてもよくて、7:3くらいが最低ラインではないかと私は思っています。

ただ男性が多めに払う、というのが基本ですね。

 

今回は初デートの費用をお話ししましたが、

次の記事では彼女を作るまでにどれくらい費用がかかるのかお伝えしていきたいと思います。

 

彼女を作るまでにかかる総費用はどれくらい!?

 

⇒恋活アプリランキングを見てみる【2016年最新】

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ