男女の考え方の違い。女性にアドバイスしてはいけない理由

 

デート中、女性の仕事の失敗の話や愚痴を聞いていると、ついつい男性はアドバイスしたくなりますよね。

 

ですが、良かれと思ってしたアドバイスが女性の機嫌を損ねてしまう、

というのよくあることです。

 

嫌

 

男性からすると、「問題が起きているんだから、解決策を出すのは当然」

と思うのでしょうが、これは女性には通用しません。

 

なぜでしょうか?

 

女性にアドバイスしてはいけない理由

 

男性は狩猟時代から問題解決能力がないと、死活問題でしたから、

常に会話に結論や解決策を見出そうとしてしまいます。

 

これは古から続く、遺伝子の連鎖で止めることはできないんです。

 

ですが、女性が仕事での失敗や愚痴を言った時、

それは解決策が欲しいわけではないんです。

 

例えば、女の子が「職場の上司が、飲み会でいつもセクハラしてくるの。」

という愚痴を言ってきたとしましょう。

 

%e7%be%8e%e4%ba%ba104

©怕水的青蛙

 

男性がこれを聞くと、すぐに問題を解決しようとして、

「上司の上司にセクハラされてることを伝えれば、止めることができると思うよ」

といったアドバイスをすることでしょう。

 

でもそうすれば解決することくらい、女性も最初からわかってるんです。

 

でも敢えて愚痴ってくるということは、

「上司にセクハラされて大変な私」に同情してほしいからに他なりません。

 

ですので、こういう愚痴が来たときは、

「そっか・・・。大変な上司がついちゃったね。」

といった感じで同情するだけでOKなんです。

 

すると、

「本当そうなのよ。それでね・・・」

といった感じにぺちゃくちゃしゃべっていくので笑

 

美人94

©Jack Wu’s Photos 呉泊峻

 

それじゃ何も解決してないじゃないか!

と男性は思うでしょうが、女性は感情が交換できればそれで満足する生き物なので、

これがベストなんですね。

 

それに、男性のアドバイスなんて女性には全く役に立ちません。

 

仮にさきほどのセクハラの例だとしたら、

「上司の上司に報告しなよ」、といったところで、実際報告する女性は0でしょう笑

 

そんなことしたら、職場の周りの人からも何か言われるかもしれませんし、

今の職場を離れなければいけなくなってしまうかもしれませんからね。

 

では、女性の話を聞く時男性はどうすればいいのでしょうか?

 

女性の話はどうやって聞けばいい?

 

女性と話をするときは、「アドバイスせずに同情するだけで」OKなんですが、

これは簡単そうで、とても難しいです。

 

先ほども言いましたように、男性には問題解決をしなければいけない、

ということが遺伝子に刻み込まれてるわけですから、それを抑え込まないとできないんですよ。

 

ですが、

・女性にアドバイスしてはいけない、と知っている男性と

・それを知らない男性

では、間違ってアドバイスしてしまう数に劇的な差が生まれてきます。

 

ですので、女性の話は共感だけしていればいい、ということを頭に刻み込んでおくと、

無用なアドバイスをせずに済むことが多いはずです。

 

最初はとても大変だと思いますが、

これができると一緒にいる女性の笑顔が増えるはずですので、ぜひ頑張って鍛えていきましょう。

 

⇒女性の話にオチや結論がないワケ。わざとじゃない?

 

⇒男女で響く言葉は違う。「世界で1番君が好き」が女性にNGの理由

 

 

 

⇒20代の女の子と出会える恋活アプリランキング【2016年最新】

 

美人34

©Kyudotsg ( BE Chua ) (改変 gatag.net)

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ