男女の恋愛心理の違い。結論を求める男と感情を交換したい女

 

女性と話していると、いったい何の話がしたいのか全然わからない、

という経験は誰もがあるでしょう。

 

そして、「で、結局何が言いたいの?」と言ってしまい、

女性の機嫌を損ねてしまう…と。

 

%e7%be%8e%e4%ba%ba105

©feelim

 

男性としては、話の論点を捉えようとして聞いたのに、

女性をムカッとさせてしまうんですね。

 

こうした男女のすれ違いは、世界中で起きていますが、

一向に無くならないのは、女性への理解が足りないところに原因があるかもしれません。

 

というわけで今回の記事では、

女性の話にどうして結論やオチがないのか紹介していきますね。

 

男性の会話の目的は?

自撮り (3)

 

我々男性が話をするときには、必ず結論を出そうとします。

 

例えば、男性が悩み相談を誰かにしたとしたら、問題の解決策を求めていますし、

交渉の場で話をしているとしたら、相手を説得するために話をしています。

 

このように、男性は狩猟時代に根付いた「問題解決」を第一に考えているので、

女性もそうだろう、という前提で話を聞いてしまう節があります。

 

ですが、女性は全く違うんです。

 

女性の会話の目的は?

美人34

©Kyudotsg ( BE Chua ) (改変 gatag.net)

 

実は女性の場合、

・会話で結論を出すのではなく、

会話で感情を交換することが目的

なんです。

 

男性は狩猟時代から問題解決が第一でしたが、

女性はその時代から、集落での女性同士のコミュニケーションが死活問題でした。

 

その時代に集団からハブかれたりしたら、食料を分けてもらえなくなって死んでしまうわけです。

 

そんな状況で例えば、

・「その話のオチって何なの?」

・「話の結論は何なんですか?」

といった男性的な話し方をしていたら、周囲からハブかれて死んでしまいますよね。

 

一方で、あまり話を深堀せずに、

・楽しいことや

・大変なこと

を共感しあったりすると、良い関係が長く保てますよね。

 

美人67

©Diem

 

そういった背景もあり、女性は会話に結論を求めるのではなくて、

周囲と調和する遺伝子が残っていったわけなんです。

 

と、こんな感じで男性と女性では会話の目的がそもそも違うわけですから、

同性と話しているように話すとトラブルが起きてしまうわけです。

 

では一体どうすればいいでしょうか?

 

男性が女性の話を聞く時はどうしたらいい?

モテる

 

男性が女性の話を聞く時は、

普段の「結論優先モード」を解除すると、上手くいきやすいです。

 

女性の話を聞いていると、

・この話の結論はなんだ?

・話が色々飛びすぎだろ・・・

など思うところは色々あるでしょうが、一旦そういうことは忘れましょう。

 

女性はその日に大変だったことや嬉しかった感情を、男性と共有しようと思っているわけですから、

そもそも結論やオチなんて最初からないんです。

 

例えば、

「今日仕事でこんなミスしちゃったの。」

と女性が言ってきたら、

「ミスの原因は何だったんだい?」

と解決するために聞くのではなくて、

「今日は大変だったね。」

と優しく共感するだけで、

あとは勝手に女性がマシンガンのようにしゃべり始めるのでOKなんです。

 

最初はなかなか難しいと思いますが、男女の違いさえ理解しておけば、

「あぁ・・・感情を交換したいだけなんだな、この子は。」

と、ペットと遊ぶような気持ちになれるはずです。

 

恋愛において、これが理解できると無駄な喧嘩を避けることができますので、

だいぶコミュニケーションが楽になってくるはずです。

 

ぜひ使ってみてくださいね。

 

⇒男女で響く言葉は違う。「世界で1番君が好き」が女性にNGの理由

 

⇒女性にアドバイスしてはいけない理由。優秀な男性ほど注意?

 

 

⇒20代の女の子と出会える恋活アプリランキング【2016年最新】

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ