男ウケしない!婚活マッチングアプリの自己紹介文3選【NG例】

 

婚活マッチングアプリの自己紹介文で、男ウケが悪いのによく使われているフレーズがあります。

 

びっくりするくらい同じフレーズを使っている方が多いので、

今回は現役の男性会員が、実際によく見かけるNG例を3つ紹介します。

 

男ウケしない自己紹介文の例3選

 

1.『始めたばかりでよくわかりません』しか書いていない

 

これ、かなり流行っていますが、男性からすると実は微妙です。

 

女性の中では、

『始めたばかりで何もわかっていない私=かわいい』

という認識なのでしょうが・・・。

 

この自己紹介文を見た男性は、『猫かぶってそう』と疑う人が多いです。

 

というのも、始めたばかりの人には『NEWマーク』がついていて、誰が見てもわかるので、

『わざわざアピールしてるってことは、計算か』と感じるわけです。

 

それにこれしか書いてないと、マッチングしても話が続かないので、自分の趣味くらいは書いておいたほうが無難です。

 

2.『今月で辞めます』など自分に限定感をつける

 

女性の中には、『今月で辞めます』など限定感をつける方がいます。

 

意図としては、『今月で辞めちゃうから、今のうちにアタックしてね』

ということなのでしょうが、セール品みたいで印象はあまり良くないです。

 

また、構ってちゃんな感じもしますので、大人の女性は使わないほうが良いでしょう。

 

3.『〇〇な人はいいね!しないで下さい』と異性を攻撃する内容

 

自己紹介文の中に、明らかに異性を攻撃する内容が入っている方もいます。

 

例えば、

・『30歳以上は合わないので無理です。』

・『年収1000万以上の方以外はいいね!しないでください』

などなど。

 

女性によっては、『別に問題なくない?』と思う方もいるかもしれません。

ですが逆に男性が、こう書いていたらどうでしょうか?

 

・『10代・20代前半の若くて、かわいい子じゃないと無理です』

・『モデル並みのスタイルじゃない人はいいね!しないでください』

 

こういった内容を見ると、

『わざわざ書かなくていいのでは?』と思った方が多いはずです。

 

このため、本当にそういう理想があったとしても、心にしまっておきましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の3つは結構多くの方が使っているものなので、『女性からすると何が悪いの?』というのもあったかもしれません。

ですが、男性側が受け取る印象は全く違ったりもするので、少し注意がいるところでもあります。

 

やはり計算高いと避けられる傾向がありますので、ありのままの自然体がオススメです。

 

⇒32個のアプリから厳選!恋活アプリランキングを見てみる

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ