婚活マッチングアプリのデメリットやメリット9選。まとめてみた

 

流行中の婚活・恋活マッチングアプリの

・デメリット

・メリット

を9つまとめてみました。

 

最近だと『マツコ会議』でもマッチングアプリが取り上げられ、

徐々に認知度が高まってきています。

 

というわけで今回は『Omiai』、『pairs』、『with』など、

32個のアプリを使った時に感じたメリット、デメリットを9つ挙げてみました。

 

婚活・恋活マッチングアプリの『メリット』と『デメリット』9つ

 

1.出会える数がハンパじゃなく多い

 

マッチングアプリを使うと、数十万人の異性と出会えるようになります。

ここは合コンや街コンの比にはならないほどのメリットでしょう。

 

2.一人一人を大事にしなくなる

 

マッチングアプリだと出会いが多い反面、『代わりならいくらでもいる』という状態になりやすいです。

その結果、『一人一人を大事にしなくなる』傾向も見られるように。

 

3.理想の条件で絞れる

 

マッチングアプリでは、

・年収や職業

・身長や体型など

細かく絞って検索することができるので、理想のお相手が見つかりやすいメリットもあります。

 

4.妥協できなくなる

 

マッチングアプリは理想のお相手を見つけやすい反面、

理想が高くなりすぎて、なかなか卒業できない方も多いです。

 

特にアプリを1年以上使っている方はこの傾向が強いですね。

 

5.女性は無料⇔男性は100%有料

 

マッチングアプリは、女性無料のところが多いです。

一方男性は100%有料なので、無料で使っている女性と温度差が生まれてしまうことも。

 

とはいえ、1カ月平均¥3,500円ほどですので、街コンや合コンに比べるとはるかに安価です。

 

6.男女比に差があることも多い

 

大手のマッチングアプリでも、女性より男性の方が多い傾向があります。

このため、女性はたくさんの男性からアプローチを受けて、モテモテ状態に。

 

一方男性は、同性のライバルが多く苦戦する方も多いです。

 

7.サクラにひっかかる恐れもあり

 

最近のマッチングアプリでは、サクラ対策をしっかりとしていますが、

それでも業者を100%排除しきれていません。

 

素性の分からない異性と会うことで、トラブルになる可能性もゼロではないです。

 

8.いつでもどこでも婚活・恋活できる

 

マッチングアプリは、自分の好きな時に婚活や恋活をすることができます。

このため、普段街コンにいけない方など、忙しい方には最適です。

 

9.マッチングアプリでしか体験できない出会いもある

 

普段の生活では出会えない

・20代の年下彼女や

・ハイスペック彼氏など

理想の異性と出会えるのが、マッチングアプリ最大の醍醐味と言えるかもしれません。

 

まとめ

 

実際に私もマッチングアプリを32個使って感じた

・メリットと

・デメリット

を9つ紹介してきました。

 

安価でたくさんの異性と出会えるマッチングアプリですが、

実は目に見えないデメリットもいくつかあります。

 

ですが、マッチングアプリでしか体験できない『奇跡の出会い』があることも事実です。

 

このため、メリットやデメリットをしっかりと理解したうえで、

マッチングアプリを利用していくのが良いかもしれません。

 

⇒32個のアプリから厳選!恋活アプリランキングを見てみる

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ